コンディショニングルームの特徴

最高高度(1000m)から50mまで、気圧変動を繰り返します。
気圧の波を変化させることで、血管や筋肉が収縮拡張を繰り返し、柔軟な状態に導きます。
image_feature_blood
弊社製造のコンディショニングルームは、従来の酸素カプセル等の「加圧」して高酸素環境をつくるタイプとは異なり、「減圧」して周期的低酸素環境空間をつくりだします。

 低酸素環境といえば、高地トレーニングが一般的だと思います。高度2000m以上の厳しい環境に身を置くことで、身体に強い負荷を与えます。

 高度を2000m、3000m、4000mと上げるにつれ、より低酸素環境になり、より高い効果を得ることが出来ると考えられています。
 しかし、高度をあげるにつれ高山病などのリスクが高まるなど、身体への負荷が高くなり、一握りの方しか体験できません。
 コンディショニングルームでは、高度を1000mに設定しており、身体に過度な負担をかけることなく低酸素環境空間をつくり出します。

また、ただ高度を一定に保つのではなく、1000mから50mまでの気圧変動を1時間に約12回繰り返し行なうことで、絶えず身体に刺激を与え、下記のように身体の防御反応に働きかけます。
 高山病の目安は2000m以上と言われていますので、1000mという身体にかかる負担の少ない高度でより多くの酸素を身体に取り込み、最大限の効果を得ることが可能です。

 また、広島工業大学と共同研究を行なっており、コンディショニングルームに入室することで起こる身体への効果等もデータとして収集しており、今後論文として発表していく予定です。


気圧の変化を繰り返すことで、身体の防御反応を刺激。
より多くの酸素を取り込み、体内環境を整えます。

image_feature_graph